髪はなぜ痛むのか?

なぜ髪は痛むのか?

痛んだ髪はどうしたらよくなるのか?

すこし勉強してみよう


髪は、約80%のたんぱく質(PPT)と約5%の脂質(CMC)と約12%の水分

で構成されています

髪図1_edited-1
最近では、このたった5%のCMCが重要な働きをすると

いう事が分かってきました

CMCとは、

・髪の中に存在するもので水分や薬剤の通り道となっていて
 タンパク質どうしを接着する役割も持っている

・キューティクルの剥離を防いでダメージから守り、バサツキを防ぎます

・毛髪内部の水分量を一定に保ち毛髪内部から潤いを与える



そこで本題。なぜ髪は傷むのか?

その一番の原因が髪にカラーやパーマに含まれているアルカリが

侵入するためです


アルカリが髪の中に侵入するとCMCを壊していきます。

タンパク質同士を接着していたCMCがなくなるということは

タンパク質がバラバラになります。

これがパサつき、引っかかる、枝毛の原因です。


髪
傷んだ髪を補修するには

1. たんぱく質部分の補修
2. 水分補給
3. CMCの補修、補給


ということになります。

この3通りを基本と押さえたトリートメントがこちらです

サロントリートメント


CMC製品としましては

ベータレイヤーシャンプー&トリートメント

ベータレイヤーエマルジョンが専用の補修製品になります、


アウトバス製品では、ベータレイヤーがオススメです。


雑誌にも掲載されています



スポンサーサイト

2 Comments

ヘア吉 says...""
うちもただ今勉強中です!キッチンもリトルサロンになるかも・・・?
2011.11.11 20:08 | URL | #- [edit]
とが says...""
DVD貸しますね♪
2011.11.11 21:05 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bagusjp.blog94.fc2.com/tb.php/538-db1a0ad5
該当の記事は見つかりませんでした。